ショットバー「ミッドナイトアワー」目黒から店長のつぶやきやお知らせなど・・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月25日(土)に行われた、高山広のおキモチ∞HANJOH(だいはんじょう)マンスリーライヴです。

タイトル『みなさん、ホントに、おツカレSummer!』

すべて、夏にちなんだ作品がラインナップされました。

前説「M氏トーク」からです。バックの音楽に「Oh!クラウディア」を用いて、以前の『恋』の1コマでしょうか?もはや、前説の域は越えての、1作品化している「M氏トーク」。これからどうなっていくのでしょうか?こちらもまた目が離せませんね。

では、この日の作品です。

1、「帰省のメモリー」・・・お父さんの実家に帰省する家族。渋滞。その車の中。お父さん以外の、息子、娘、妻は行きたくもナイし、この渋滞で車の中は良い雰囲気ではない。が、お父さんは色々と気を使ってるのか?一家の大黒柱のように頑張っている。が、各々で時間を潰そうとして、お父さんに感心を示さないシーンで始まる。

確かに、あの毎年の帰省ラッシュ、車の中の家族達はみんなどうして過ごしているのだろうか?子供達は、携帯や、ゲームに漫画、寝てる。夫婦で運転交代、または、奥さんは寝てる。それとも、会話が弾んでいるのだろうか?まぁ~でも家族で帰省する時期って子供達が小さい時がほとんどだと思うから、子供達は寝てるって事なんだろうけど。

話しを戻しましょう。この作品のフォーカスは「お父さん」。久し振りに帰る実家で過ごすゆっくりとした時間を楽しみに、自然が溢れる所で過ごす子供達に喜びながら・・・自分の時間まで帰省してしまう。何処までか?彼のお母さんのお腹に居た頃まで。

相当久し振りだったに違いないですね。実家に帰るの。仕事中のお昼寝で、夏休みに過ごした時間から、そんな所まで帰ってしまうですから。きっと、ナイスなお盆休みを過ごしたに違いありません。

余談ですが、2,3週間前に来店されたお客様に、「マスター、君のルーツは何処?」って質問をされました。そのお方は何処だか忘れましたが、色々と横の彼女様に「ボクはね、こうでこうでこうでこうでこうでこうでこうでこうで」と話し、彼女様も「すごーいい×100」位の会話をされてまして。
男だったら気になるもんだよ。自分のルーツていうやつを。で、ボクにその質問を振られたわけです。大体聞かれそうだなってのはわかるもんなんですよ。

「ルーツですか?ボクのルーツは『お母さん』です」っとお伝えしました。

この作品を観て頭にヨギッタ1コマのご紹介でした。

2、「怪談①本当にあった恐い話し(高山氏の少年時代にあった実話)」・・・子供達が集まって恐い話しをしております。本当にあった事を話すという約束です。そして、次ぎの番はいじめられッコのヨモギダ君。みんなから野次が飛びます。絶対作んなよ”うそつくなよ”などなど。彼は話し始めます。「これは、友達から聞いたほんとに・・・」野次が飛びます。うそつくなよ”彼は訂正します。「これは知人から聞いたほんとに・・・」オーマイゴッド。涙がでます。子供は時に残酷な言葉を・・・・・。この後彼は駄じゃれのような、ギャグのような話しをして、みんなに恐がられてしまうのですが、先ほどのクダリで恐いような気がします。

3、「怪談②いちばん恐い」・・・恐いスポットと言えば何処でしょうか?子供の頃、ありましたよね。あそこに、あそこの・・・。大体建物ですね。病院だったり、団地だったり。あとは、学校ですね。

夜の誰も居なくなった学校。恐いです。いつもは賑やかなのに、誰もいないと静かだし、不気味な感じがします。学校の中では何処が恐いですか?音楽室、理科室。どこでしょう?

この作品では、それがアキラカになります。

答えは、学校様です。学校様はおっしゃいます。考えてもみなさい。誰もいないのに、夜ぽつんと立っている身にもなりなさいと。理科室?音楽室?じゃない俺が1番恐いよっ!「よっ!まなびやっ!こうしゃ!」
っと掛け声が入りながらの落語&歌舞伎ハーフ&ハーフの作品でした。

4、「蚊も泣く 鱶も泣く」・・・この作品なくして、夏が終わらない作品の1つ。レアなモノマネも観れちゃいます。今年も夏がまた1つ過ぎてゆきますが、皆様は如何でしたでしょうか?この作品の「蚊」「鱶(鮫)」さんも1つ新しい事がわかったみたいで良い夏を過ごしたみたいですね。

しかし、こう暑いと、「蚊」もきついんじゃないかな?なんか進化して、刺されたら大変な事になる「蚊」がそのうち発生しそうですけど。「♂の蚊」でも刺しちゃったりして。「鮫」さんと言えば、静岡の海水浴場で大変でしたけど、茨城でも死んだ「鮫」さんが打ち上がっていたそうです。あと「鯨」さんも。茨城の海水温が新島とそんなに変わらないってオカシナ事になりそうです。

5、「KAZENASAKE 風情」・・・自らでは何も出来ない、役目を果たせない「風鈴」が、目の前で自ら命を絶とうとしている人に話し、語ります。

私たちは、あっても無くてもいいものです。風さんの力を借りなければ、鳴れないダメなもの達なのです。その風さんも、吹く時もあれば、吹きすぎる時、吹かない時、様々です。

世の中では色々な事が起きます。

大きい小さい、偉い偉くない、凄い凄くない、勝った、負けたなど、よく考えたら、たいした問題じゃない。
それぞれに役目があって、みんな、全部、関わりあって生きているんです。

「ほら!風がきましたよ。心地よい、いい風ですね。今日は。ねっ、風にも情けはあるのです。だから大丈夫。きっと明日はあなたにとっていい風が吹きますよ」

6、「蝉リタイヤ① 老人とセミ」・・・独り言をブツブツ言っている老いた男性。

「はぁ~俺は後どれくらい夏を見る事が出来るのだろう?」老いていくことの恐さ、時間が減っていくことを嘆く老人。

その彼の目の前に、もうすぐイッテしまいそうなセミが。

彼は自分に置き換えながら、

「セミはなんてかわいそうなんだ。たった1週間しか地上で生きられない。1週間で何が出来るんだ。まったくかわいそうに」っと思う。

しかし。

場面は変わり、ひっくり返り、足をバタバタしている「セミ」はウタウ。

「ハハハッ!あ~楽しかった!!歌うだけ歌ったし、会いたい奴等にもみんな会ったし、もう充分、最高だ。もう無理。もう歌えない。」っと蝉性を完璧に満喫していたのでした。

自分がそうだからといって、必ずしも他のもの達がそうではないんですよね。それに、地上に出るまでの7年間の事はこの老人は全く考えていないし。

時間には限りがある事は森羅万象共通だと思う。このセミのように生きられたらどんなに幸せな事でしょう。

7、「蝉リタイヤ② 少年と蝉」・・・江戸っ子で職人の親方のような、残りセミ人生が2日ばかりの『セミ』がいる。そして、このセミを捕ろうとしてずっと追いかけて来る少年がいる。しかし、この少年はドン臭く全然昆虫など捕まえられない様子。しきりにこのセミは諭すのだが、彼もあとわずかなセミ生。。。残りをこの少年と過ごすことを決めわざと捕まる事に。このセミは少年に対峙し、人?ムシ?との触れ合いを教える。この少年は、そういう何かを感じこのセミを追い続けていたのではないでしょうか?沢山いる昆虫、人間の中で、このセミと少年が出会い何かが変わり、始まるような気がします。このセミが言ってます。「今、目の前に起こってることを、後になって、親や友達などと語り合って初めて思い出になる。」っと。
様々な経験や、色んな人や物、動物だったりとの触れ合いが、成長していく中での1つの要素となりますが、この少年がこの夏に経験した、この蝉との時間は彼の人生の中で大きな1つになる事と思います。

8、「いっしゅんの夏」・・・もうこのタイトルを見ればオワカリですよね。皆様のムネに色々な思いを想い刻まれている事でしょう。

人生はほんの一瞬の事、そう花火のように。だからこそ、一瞬一瞬を大事にしていこう。生きている今だからこそ。目の前に辛い事が起きた。生きているからこそ感じる事。楽しい、嬉しい、面白い、美味しい、まずい、つまらない、疲れる、大変だ、全部生きているからなのです。

違う作品の言葉ですが、「人は泣きながら生まれ、泣きながら死んでいく。」っという言葉がある。

だけど、産まれた事に泣きながら喜んでくれる人がいる、死んだ事に泣いて悲しんでくれる人がいる。他に何がいるのだろうか?言葉は違うがこの作品を観ていつも思う事である。

リセットさせられたり、勇気をもらったり、気がつかせてくれたりと、なんて贅沢なマンスリーライヴなんだと思う。

以上が今回のライヴでした。いつもいつも皆様本当に有難う御座います。そして、高山様、潤平様、W様有難う御座いました。次回は9月29日(土)に決定しております。来月も皆様、どうぞ、宜しくお願い致します。
NALU
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://midnitehour.blog112.fc2.com/tb.php/22-ee29bdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bar-midnitehour all rights reserved.
プロフィール

midnitehour

Author:midnitehour
目黒駅から白金方向に徒歩8分
営業時間19:00~
カクテル700円から
休み:日曜日
TEL 03-3444-2285
レコードで60年代、70年代、80年代の音楽を中心に流しています、気楽にお酒を楽しんでいただければ最高です。

メール
midnitehour@ceres.ocn.ne.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。